修正:PS4でアップデートエラーSU-42481-9を完了できない

ユーザーがコンソールにアップデートをダウンロードまたはインストールしているときに、PS4でエラーコードSU-42481-9が発生します。このエラーメッセージは2018年半ばに出現し始め、それ以来存在しています。

Play Stationの関係者は、公式Twitterハンドルのエラーメッセージを確認し、正しく機能していないように見えるいくつかのヒントでさえ応答しました。ここでは、目前の問題を修正するためにシステムで実行できるすべての回避策について説明しました。

PS4エラーSU-42481-9の原因は何ですか?

PSNネットワークに接続しようとしたとき、またはシステムを更新したときに、プレイステーションがエラー状態になると、ユーザーはエラーコードSU-42481-9を経験します。この問題を引き起こす可能性のある原因のいくつかを次に示します。

  • 破損した一時ファイル: PS4に破損した一時ファイルがあり、正しく更新できない場合があります。
  • 不正な更新ファイル:更新によってインストールされる予定のファイルが破損していて、正しくインストールできない可能性があります。

ソリューションに進む前に、PSN資格情報が手元にあることを確認してください。プロンプトが表示されたら、それらを再入力する必要がある場合があります。また、続行する前に、コンソールからすべてのディスクを取り外してください。

解決策1:PS4のパワーサイクリング

プレイステーションはかなり長い間エラー状態になることが知られています。ただし、これはコンソールの電源を入れ直すことで簡単に修正できます。パワーサイクリングとは、デバイスを完全にシャットダウンし、すべての電力が確実に排出されるようにすることです。これにより、コンソールは起動する前にすべての構成を再作成します。

  1. パワーダウンあなたのPS4のコンソールの前面からデバイスと正常にそれをオフにします。
  2. コンソールが適切にシャットダウンされたら抜いて電源ケーブルをコンセントから。
  3. 押したまま電源ボタンをすべての電源が排出されていることを確認するために30秒間PS4上を。
  1. 4〜5分待って、アイドル状態にします。後ですべてを接続し直して、PS4を実行してみてください。エラーメッセージが消え、PSNネットワークに正常に接続できるかどうかを確認します。

解決策2:セーフモードによる更新

電源の入れ直しが機能せず、それでもエラーコードが表示される場合は、セーフモードでコンソールを適切に更新してみてください。PS4にはセーフモードがあり、基本的な操作を実行して予期しない問題やエラーコードを修正できます。セーフモードでPS4をアップデートする場合、時間がかかる場合がありますので、しばらくお待ちいただき、どの段階でもプロセスをキャンセルしないでください。

  1. PS4のフロントパネルにある電源ボタンを押してオフにします。インジケーターが数回点滅します。
  2. PS4の電源を切った後、電源ボタン押し続け、ビープ音2回鳴るまで押し続けます。通常、最初のビープ音は最初に押すと聞こえ、2番目のビープ音は押し続けると(約7秒間)聞こえます。
  3. 今すぐ接続PS4コントローラーUSBケーブルでのコントローラでプレイ駅ボタンの存在を押してください。これで、PlayStationはセーフモードになります。
  1. [システムソフトウェアの更新]オプションを選択して続行します。プロセスが終了したら、Play Stationを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。