Minecraftレルムの「Io.Netty.Channel.ConnectTimeoutException」エラーを修正する方法

エラー「Io.Netty.Channel.ConnectTimeoutException」は通常、Minecraftユーザーが通常のサーバーまたはレルムサーバーに接続しようとしたときに表示されます。この問題はPC専用のようで、Windows 7、Windows 8.1、およびWindows10で発生することが報告されています。

このMinecraftエラーコードを調査した後、この問題はいくつかの異なる原因によって引き起こされる可能性があることが判明しました。

  • IP / TCPの不整合–この問題を引き起こす可能性のある最も一般的な原因の1つは、ルーターによって促進されるIPまたはCPの不整合です。この場合、単純なルーターの再起動またはより深刻な状況でのリセットを実行することで、この問題を解決できるはずです。
  • JREはWindowsDefenderによってブロックされています–マルウェア感染から保護するためにネイティブのWindows Defenderを使用している場合、誤検知のためにJavaランタイム環境がMinecraftサーバーとの通信をブロックされた後にこのエラーが表示される可能性があります。この場合、JREをホワイトリストに登録するか、リアルタイム保護を無効にして問題を解決できます。
  • JREがサードパーティのAVによってブロックされている–この問題は、Avast、Comodo、McAfeeなどのサードパーティのAVでも発生する可能性があります。この場合、アンチウイルスのリアルタイム保護を無効にするか、すべて一緒にアンインストールして、Minecraftとの潜在的な干渉を排除することができます。
  • ポート番号の不一致–クライアントのポート番号がサーバーのポート番号と一致しない場合にこの問題が発生する可能性もあります。この場合、起動スクリプトから正しいポートを取得し、[直接接続]オプションを使用して正常に接続することで、問題を修正できます。
  • 一貫性のないデフォルトDNS–第2層ISPを使用している場合、DNSの一貫性がないためにこのエラーが表示される可能性もあります。このシナリオが当てはまる場合は、Googleが提供するDNS値に切り替えることで問題を解決できるはずです。

方法1:ルーターを再起動またはリセットする

影響を受ける複数のユーザーが報告しているように、この問題は、ルーターに根ざしたIP / TCPの不整合によって促進されるネットワークの不整合が原因でも発生する可能性があります。このシナリオが当てはまる場合は、簡単な再起動を行うことでこの問題を修正できるはずです。これにより、PCが現在使用しているIPとDNSが更新され、一時的なデータパケットがすべてクリアされます。

ルーターをリセットするには、ネットワークデバイスの背面にある[オン/オフ]ボタン を使用してルーターの電源を切るか、電源ケーブルを物理的に取り外します。これを行った後、少なくとも30秒間待って、電源コンデンサが完全に消耗していることを確認します。

この期間が経過したら、ルーターの電源を入れ、インターネットアクセスが再確立されるのを待ってから、Minecraftを起動して、ホストされているワールドに接続しようとしているときにエラーが引き続き発生するかどうかを確認します。

それでも問題が解決しない場合は、次のステップはルーターのリセットを行うことです。これを行うには、鋭利な物体を使用して、ルーターの背面にあるリセットボタンを押し続けます。

注:この手順により、ルーターの設定が工場出荷時の状態にリセットされることに注意してください。これにより、カスタム設定、転送されたポート、またはブロックされたデバイスが上書きされます。場合によっては、ルーターがインターネット接続を容易にするために使用しているISP資格情報をクリアすることもあります。

ルーターをリセットする準備ができている場合は、前面のLEDが一度に点滅するまで、リセットボタンを押し続けます。これが発生したら、リセットボタンを放し、インターネット接続を再確立します。

Minecraftをもう一度開いて、問題が解決したかどうかをテストします。同じio.netty.channelエラーが引き続き発生する場合は、以下の次の潜在的な修正に進んで ください。

方法2:WindowsDefenderでJavaJREをホワイトリストに登録する(該当する場合)

結局のところ、Windows Defender Antivirusまたは同等のサードパーティによってトリガーされた誤検知が原因で、io.netty.channel エラーがトリガーされる最も一般的な原因の1つです。一部の影響を受けるユーザーが報告しているように、Windows Defenderまたはサードパーティスイートは、JRE(Javaランタイム環境)が外部サーバーと通信するのをブロックしてしまう可能性があります。

Java環境はMinecraftにとって絶対に不可欠であり、JREがアンチウイルスによって禁止されていないことを確認するまで、他のプレーヤーに接続できないことに注意してください。

ネイティブセキュリティスイート(Windows Defender)を使用している場合は、次の2つの方法でこの問題に対処できる可能性があります。

  • A.リアルタイム保護を無効にする
  • B. WindowsDefenderでのJREとJDKのホワイトリストへの登録

リアルタイム保護を無効にすると、この問題が実際に何らかのウイルス対策干渉によって促進されているかどうかを判断できる、より迅速な手順になります(サブガイドA)。ただし、問題を永続的に修正したい場合は、サブガイドBに直接進んでください

A.リアルタイム保護を無効にする

  1. Windowsキー+ Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「ms-settings:windowsdefender」入力し、Enterキーを押して、WindowsDefender セキュリティセンターウィンドウを開きます。
  2. Windowsの[セキュリティ]メニューが表示されたら、左側のメニューを使用して[ウイルスと脅威の保護]をクリックします。
  3. [ウイルスと脅威の保護]メニュー内で、[設定の管理]をクリックします[ウイルスと脅威の保護設定]の下 

  4. 2番目の画面が表示されたら、[リアルタイム保護] に関連付けられているチェックボックス をオフにして、[オフ]に設定されていることを確認します。
  5. リアルタイム保護を無効にした後、最初のWindowsセキュリティメニュー(右側のセクション)に戻り、[ファイアウォールとネットワーク保護]をクリックします 

  6. 次の画面が表示されたら、現在接続しているネットワークをクリックし、[設定]メニューまで下にスクロールして、WindowsDefenderファイアウォールに関連付けられている切り替えを無効にします 

  7. WindowsDefenderとWindowsFirewallの両方を無効にした後、Minecraftに戻り、以前にエラー「io.netty.channel」を引き起こしていたアクションを繰り返します

B. WindowsDefenderでのJREのホワイトリストへの登録

  1. Windowsキー+ Rを押して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「control Firewall.cpl」と入力して、分類されているWindowsファイアウォールインターフェイスを開きます。
  2. Windows Defenderファイアウォール内で、左側のメニューを使用して、[ WindowsDefenderファイアウォールを介したアプリまたは機能の許可]をクリックします 

  3. 次の画面で、[設定の 変更 ]ボタンをクリックし、ユーザーアカウント制御(UAC) で[はい]をクリックして、管理者アクセスを許可します。
  4. フルアクセスを取得したら、許可されたアイテムのリストを下にスクロールして、Javaランタイム環境がすでに許可されたアプリのリストに含まれているかどうかを確認します。そうでない場合は、[別のアプリ許可する]をクリックし、[参照 ]をクリックして、次の場所に移動し、Java.exeをホワイトリストに登録します
    C:\ Program Files \ Java \ 'Javaバージョン\ bin
  5. Java(TM)Platform SEバイナリを正常にロードしたら、[追加]をクリックして、アイテムを[許可されたアプリ]のリストにプッシュします。
  6. 次に、Java(TM)プラットフォームSEバイナリに関連付けられている[プライベート]ボックスと[パブリック]ボックスがオンになっていることを確認し、[ OK ]をクリックして変更を保存します
  7. Java環境が正常にホワイトリストに登録されたら、Minecraftをもう一度起動して、問題が解決したかどうかを確認します。

オンラインゲームに参加またはホストしようとしているときにMinecraftで同じタイプのエラーが引き続き表示される場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法3:サードパーティのSecurity Suiteを無効化/アンインストールする(該当する場合)

サードパーティのスイートを使用しているからといって、io.netty.channel エラーが実際にセキュリティスイートによって生成されていないことを意味するわけではありません。場合によっては、誤検知が原因でJRE(Javaランタイム環境)がMinecraftサーバーとの通信をブロックされます。

このシナリオが当てはまる場合、サードパーティのAVが問題の原因であるかどうかを判断する最初の試みは、Minecraftを起動する前にリアルタイム保護を無効にすることです。これを行う手順は異なりますが、ほとんどの場合、トレイバーアイコンから直接リアルタイム保護を無効にすることができます。

これを行ったら、以前に問題を引き起こしていたMinecraftでアクションを繰り返します。サードパーティスイートが無効になっているときに問題が発生しなくなった場合は、JREとメインのMinecraft実行可能ファイルをホワイトリストに登録することで問題を修正できます。

注:サードパーティのAVでアイテムをホワイトリストに登録する手順は、使用しているセキュリティ製品によって異なります。特定の手順をオンラインで検索します。

ただし、抜本的なアプローチを取り、過保護スイートを完全にアンインストールすることもできます。これを行う方法と、同じ動作を引き起こす可能性のある残りのファイルを残さないようにする方法に関するクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「appwiz.cpl」入力し、Enterキーを押して、[プログラムとファイル]メニューを開きます。
  2. 次に、[ プログラムとファイル]メニューが表示 されたら、インストールされているアプリケーションのリストを下にスクロールして、アンインストールするセキュリティツールを見つけます。
  3. それを見つけることができたら、それを右クリックして、新しく表示されたコンテキストメニューから[アンインストール]を選択します。
  4. アンインストール画面に入ったら、画面の指示に従って、侵入型セキュリティスイートのアンインストールを完了します。

    注:さらに徹底して、最近アンインストールしたAVから残ったファイルを残さないようにする場合は、アンインストールしたばかりのツールに固有の専用アンインストーラーを実行します

  5. Minecraftを開き、もう一度接続して、エラーが解決されたかどうかを確認します。

同じエラーコードが引き続き発生する場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法4:サーバーのポート番号を照合する

結局のところio.netty.channel エラーを引き起こす可能性のある別の一般的な原因は、クライアントのポート番号がサーバーのポート番号と一致しない場合です。

このシナリオが当てはまる場合は、起動スクリプトを開いてMinecraftサーバーの実際のポートを取得し、[直接接続]オプションを使用して正しいポートを使用して接続することで、問題を修正できるはずです。影響を受けた多くのユーザーは、この操作だけが問題の修正を可能にしたことを確認しています。

以下の手順に従って、サーバーのポート番号と接続先のポートが一致していることを確認してください。

  1. io.netty.channel エラーが発生したら、起動スクリプトを開き、次の行を探します。* XXXX *でMinecraftサーバーを起動する– 次に、サーバーポート(XXXX)を書き留めます。
  2. 正しいポートを正常に取得したら、Minecraftクライアントに戻り、[直接接続]をクリックして、手順1で取得した正しいポートを反映するようにポート(localhostの後の番号:) を変更します。
  3. 同じio.netty.channelエラーが発生することなく、接続が正常に確立されているかどうかを確認し ます。

同じ問題が引き続き発生する場合は、以下の次の潜在的な修正に進んでください。

方法5:GoogleのDNSに切り替える

上記の潜在的な修正のいずれも機能しない場合は、デフォルトのドメインネームシステムの一貫性がないためにこの問題が発生している可能性もあります。この問題は通常、ティア2ISPで発生します。

幸い、影響を受けた多くのユーザーは、Googleが提供するDNSに切り替えた後、問題が完全に解決されたことを確認しています。この修正により、一貫性のないDNSによって促進される問題の大部分が解決されることになります。

それでもデフォルトのDNSが表示される場合は、以下の手順に従ってGoogle DNSに切り替え、これでio.netty.channelエラーが解決されるかどうかを確認してください。

  1. Windowsキー+ Rを押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「ncpa.cpl」入力し、Enterキーを押して、[ネットワーク接続]メニューを開きます。
  2. [ネットワーク接続 ]メニュー内で、 先に進み、現在接続しているネットワークを右クリックして、コンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。

    注:ケーブルで接続している場合は、イーサネット(ローカルエリア接続)を右クリックします。現在ワイヤレス接続を使用している場合は、Wi-Fi(ワイヤレスネットワーク接続)を右クリックします。

  3. プロパティ画面上でクリックするネットワーク上部の水平メニューからタブ。
  4. 次に、[ この接続は次の項目モジュールを使用し ます]に移動し、[ インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)  ]を選択して、下の[プロパティ]ボタンをクリックします。
  5. 次に、[全般 ]をクリックし、[次のDNSサーバーアドレス使用する]に関連付けられているトグルを選択し 、[優先DNSサーバー]と[代替DNSサーバー]を次のアドレス に置き換えます。
    8.8.8.8 8.8.4.4
  6. それに応じて2つの値を変更できたら、手順3と4をもう一度実行して、IPv6用のGoogleDNSに変更します。
    2001:4860:4860 :: 8888 2001:4860:4860 :: 8844
  7. 実装した変更を保存し、PCを再起動し、次の起動が完了したらMinecraftを起動して、問題が解決したかどうかを確認します。
タグminecraftエラー