修正方法「このページのスクリプトでエラーが発生しました」

スクリプトエラーは、インターネットサーファーの間で依然として一般的な発生です。そして、あなたが思うかもしれないように、それはウェブブラウザだけに制限されていません。「アン・エラーこのページのスクリプトで発生しました」 問題が別のアプリケーションの多くと一緒に報告されているので、ほとんどのInternet Explorerで報告されていますが、IEのスクリプトを使用するプログラムがたくさんあります。結局のところ、この問題は、Windows 7、Windows 8.1、およびWindows 10を含むすべての最新バージョンで発生することが確認されているため、特定のWindowsバージョンに限定されません。

「このページのスクリプトでエラーが発生しました」という 問題の原因は何 ですか?

この問題を解決するために最も一般的に使用されるさまざまなユーザーレポートと修復戦略を調べて、この特定の問題を調査しました。私たちの調査に基づいて、この問題の原因となる可能性のあるいくつかの異なる原因があります。

  • WindowsマシンにJavaがない–このエラーが発生する最も一般的なシナリオの1つは、Java環境がインストールされていないマシンでスクリプトを実行しようとした場合です。このシナリオが当てはまる場合は、PCにJavaをインストールすることでエラーを解決できます。
  • IEでサードパーティのブラウザ拡張機能が有効になっている–以前にサードパーティのブラウザ拡張機能の使用を許可するようにInternet Explorerを構成した場合は、原因を特定した可能性が高くなります。この場合、IEのサードパーティのブラウザ拡張機能を無効にすることで問題を解決できるはずです。
  • urlmon.dllが登録されていません–このダイナミックリンクライブラリファイルは、このエラーに関して最も可能性の高い原因の1つです。IEで実行されているスクリプトの大部分は、このファイルが登録されていないと機能しません。このシナリオが当てはまる場合は、urlmon.dllを登録することで問題を解決できるはずです。
  • スクリプトエラー通知が有効になっている–このエラーは、スクリプトエラー通知の表示が許可されている場合にのみ表示されることに注意してください。エラーポップアップがブラウジングセッションを中断しないようにするだけの場合は、スクリプトエラー通知を無効にすることでこれを実行できるはずです。
  • KMPスクリプトがIEによってブロックされています– KMPlayerの使用中にエラーが発生した場合は、ビデオ再生プログラムで使用されているGoogleAnalyticsプラグインが原因である可能性があります。このシナリオが当てはまる場合は、制限付きサイトのリストにWebスクリプトを追加することで、問題を解決できます。

現在この特定のエラーを解決しようとしている場合、この記事ではいくつかのトラブルシューティング手順を提供します。以下に、同様の状況にある他のユーザーが「このページのスクリプトでエラーが発生しました」を解決するために正常に使用したメソッドのコレクションを示します 。 以下に示す潜在的な修正のそれぞれは、影響を受ける少なくとも1人のユーザーによって機能することが確認されています。

最良の結果を得るには、効率と重大度の順に並べられているため、表示されている順序で修正に従うことをお勧めします。どの原因が問題を引き起こしたかに関係なく、そのうちの1つは問題を解決する義務があります。

特定のシナリオに適用できない方法を見つけた場合は、それをスキップして、以下の次の方法に進んでください。

方法1:Java forWindowsをインストールする

「このページのスクリプトでエラーが発生しました 」というエラーに関しては、最も一般的な原因は、影響を受けるマシンにJavaがインストールされていないという事実です。影響を受けた多くのユーザーは、最新のJAVAバージョンをコンピューターにインストールした後、問題を解決できたと報告しています。

注: Microsoft Edgeはプラグインをサポートしていないため、Javaを使用しないことに注意してください。Microsoft Edgeでこの問題が発生した場合は、以下の次の方法にスキップしてください。これは効果がないためです。

この修正は、不完全または破損したJavaインストールが原因でエラーが発生した場合にも有効である可能性があります。

WindowsにJavaをインストールするためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 正常なブラウザから、このリンク(ここ)にアクセスし、Javaダウンロードをクリックします
  2. 次の画面で、[同意して無料ダウンロードを開始]をクリックします。
  3. Javaセットアップ実行可能ファイルがダウンロードされたら、それをダブルクリックし、最初のプロンプトで[インストール]をクリックしてインストールを開始します。
  4. 画面上の残りの指示に従って、Java forWindowsのインストールを完了します。
  5. プロセスが完了し、Javaがインストールされたら、コンピューターを再起動します。
  6. 次の起動シーケンスが完了したら、以前にエラーをトリガーしていたのと同じアクションを複製して、問題が解決したかどうかを確認します。

場合は  「エラーがこのページのスクリプトで発生しました」エラーがまだ発生している、以下の次の方法に下に移動します。

方法2:サードパーティのブラウザ拡張機能を無効にする

「このページのスクリプトでエラーが発生しまし」エラーが発生する もう1つのかなり一般的なシナリオは  、マシンがInternetExplorer用のサードパーティのブラウザ拡張機能の使用を許可されている場合です。これにより、このような多くのセキュリティホールやエラーが発生する可能性があります。これが、Microsoftが最新のWindowsバージョンでこのオプションをデフォルトでオフのままにすることを決定した理由です。

このエラーも発生していることに気付いた一部のユーザーは、IEで使用されているサードパーティのブラウザ拡張機能を無効にするために必要な手順を実行した後、エラーメッセージの表示が停止したと報告しています。

これを行う方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「control」入力し、Enterキーを押して、従来のコントロールパネルインターフェイスを開きます。
  2. コントロールパネルウィンドウに入ったら、右上隅の検索機能を使用して「インターネットオプション」を検索します。次に、検索結果から[インターネットオプション]をクリックします。
  3. 内部インターネットのプロパティ画面で、選択高度の上部のバーからタブを。
  4. [閲覧する設定]のリストを下にスクロールして、[サードパーティのブラウザ拡張機能有効に する]に関連付けられているチェックボックスが無効になっていることを確認し ます。
  5. [適用]をクリックして変更を保存し、コンピューターを再起動します。
  6. 次の起動シーケンスで、以前に問題を引き起こしていたのと同じアクションを複製し、「このページのスクリプトでエラーが発生しました」エラー を解決できたかどうかを確認し ます。

それでも同じエラーが発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:urlmon.dllファイルを登録する

また、「このページのスクリプトでエラーが発生しました」というエラーが発生して いるユーザー から、urlmon.dllファイルを再登録することで問題を解決できたとの報告がありました。このファイルは、InternetExplorerを利用したスクリプトで使用される最も広く使用されているダイナミックリンクライブラリファイルの1つです。

技術にまったく精通していない場合でも、(使用しているWindowsのバージョンに関係なく)以下の手順を実行できるはずです。urlmon.dllファイルの再登録に関するクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rは、ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「Regsvr32 urlmon.dll」と入力し、Enterキーを押してコマンドを開始し、ファイルを登録します。
  2. UAC(ユーザーアカウント制御プロンプト)によってプロンプトが表示された場合は、[はい]をクリックします
  3. 手順が成功すると、「DllRegisterServerurmon.dllが成功しました」というメッセージが表示されます

    場合は 「エラーがこのページのスクリプトで発生しました」 エラーがまだ発生している、以下の次の方法に下に移動します。

方法4:スクリプトエラー通知を無効にする

上記のいずれの方法でも問題を解決できない場合は、「このページのスクリプトでエラーが発生しました」というエラーが再度表示され ないようにする確実な方法が1つあります 。実際には、迷惑な通知を明確に無効にして、二度と煩わされないようにすることができます。

ただし、この方法は適切な修正ではなく、回避策であることに注意してください。以下の手順に従うと、エラーを通知している通知のみが非表示になり、修正されることはありません。機能の損失も発生している場合、この修正では解決されません。

このルートを選択する場合は、スクリプトエラー通知を無効にするためのクイックガイドを次に示します。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「control」入力し、Enterキーを押して、従来のコントロールパネルインターフェイスを開きます。
  2. クラシックコントロールパネルインターフェイスに入ったら、右上隅の検索機能を使用して「インターネットオプション」を検索し、Enterキーを押します
  3. 検索結果から、[インターネットオプション]をクリックします
  4. 内部インターネットのプロパティ画面で、選択高度なタブをしてまでスクロール閲覧カテゴリ。
  5. そこに着いたら、[すべてのスクリプトエラーに関する通知表示する]に関連付けられているチェックボックスをオフにします。
  6. 右下隅にある[適用]をクリックして、変更を保存します。
  7. 次のブラウザの再起動以降、「このページのスクリプトでエラーが発生しました」というエラーは 表示されなくなります 。

KMPlayerでこの問題が発生した場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法5:KMPlayerのGoogle Analyticsをブロックする(該当する場合)

KMPlayerでビデオを開こうとしているときにこの問題が発生した場合は、ビデオプレーヤーがうまく再生されないスクリプトを使用しようとしているため、「このページのスクリプトでエラーが発生しました」エラーが発生している 可能性があり  ます。 InternetExplorerを使用します。

同じ問題が発生した複数のユーザーが、Internet Explorerの[インターネットオプション]設定にアクセスし、原因のスクリプトを[制限付きサイト]リストに追加することで、問題を無期限に修正できました。これを行う方法のクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rは、ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「control」入力し、Enterキーを押して、従来のコントロールパネルインターフェイスを開きます。
  2. コントロールパネル内で、検索機能(右上)コーナーを使用して「インターネットオプション」を検索します。次に、結果のリストから[インターネットオプション]をクリックします。
  3. 内部インターネットのプロパティ画面で、をクリックしてセキュリティ]タブをクリックします。
  4. 4つのセキュリティ設定から[制限付きサイト]を選択し、下の[サイト]ボタンをクリックします。
  5. [制限付きサイト]ボックスで、[このWebサイトをゾーン追加する]の下のボックスに次のWebアドレスを入力し、[追加]をクリックします。
    //www.google-analytics.com/ga.js
  6. [閉じる]をクリックし、[適用]をクリックして現在の構成を保存し、コンピューターを再起動します。
  7. 次回のコンピューターの起動時に、KMPlayerで別のビデオを起動し、エラーが解決されたかどうかを確認します。