内容:softthinksエージェントサービスとそれを無効にする方法

SoftThinks Agent Serviceは、タスクマネージャーで「SftService.exe」という名前のプロセスとして発生します。一部のユーザーにとっては、「toaster.exe」と密接に関連しています。SoftThinks Agent Serviceは、Dell AlienwarePCのDellBackup andRecoveryまたはDellDataSafe LocalBackupまたはAlienRespawnに属するDellBackup andRecoveryユーティリティの一部です。簡単に言うと、これはシステムのバックアップを作成するバックアップユーティリティであり、PCで致命的な問題が発生した場合に、バックアップされた最後の動作状態にシステムを回復できます。システムが正常に起動するか、休止状態またはスリープモードからウェイクアップするたびに、Dellバックアップユーティリティはシステムのコピーを作成します。これは、これがシステムの最新の最適な構成であると見なされるためです。

バックアップは実行に物理ウィンドウを必要としないため、「SftService.exe」という名前のサービスを使用してアクティビティを実行します。実行しているWindowsのバージョンとの非互換性により、このプログラムはディスク使用量の100%を占有し、その結果、CPU使用率の80%以上を占有します。これはサービスであるため、このファイルはスタートアッププログラムにはありませんが、システムサービスにはあります。

多くのPCユーザーは、ディスクの使用量が多いとコンピューターがフリーズし、約10分から3時間かかると不満を漏らしています。よく調べると、ユーザーは問題をタスクマネージャーのSoftThinks AgentServiceという名前の特定のプロセスに絞り込むことができます。タスクマネージャーでディスク使用量でプロセスを並べ替えることにより、どのプロセスが最もディスク容量を使用しているかを知ることができます。

この高いディスク使用率は、CPUの使用率を80%以上に急上昇させ、バッテリーを非常に速く消耗させます。ディスクとCPUの使用率を考えると、SoftThinksAgentは10分から数時間システムを支配します。しばらくは問題が解決する場合がありますが、PCを再起動したり、スリープモードや休止状態から抜けたりすると、PCが使用できるようになるまでに同じくらいの時間がかかります。では、SoftThinks Agent Serviceとは何ですか?それは何をしますか?Windowsを実行する上で不可欠ですか。必須でない場合は無効にできますか?これらは、この記事が答えようとしている質問です。

SoftThinks Agent ServiceはWindowsを実行するために不可欠ですか?

「SftService.exe」はWindowsに必須ではなく、問題を引き起こすことがよくあります。組み込みのWindowsバックアップユーティリティと何ら変わりはありません。代わりに、Windowsのバックアップと復元ユーティリティ([コントロールパネル]> [小さなアイコンの表示] / [すべてのコントロールパネル項目]> [バックアップと復元])を使用できます。本当にDellBackupの使用を継続したい場合は、このバグを修正する可能性のあるアップデートバージョンを試して、ここまたはここからダウンロードできます。必要に応じて、このサービスを無効にするか、dellバックアップユーティリティをアンインストールできます。これを実現する方法は次のとおりです。

方法1:SoftThinksエージェントサービスを無効にする

SoftThinks Agent Serviceの自動開始を停止することにより、dellバックアップソフトウェアを保持できます。ファイルは変更されませんが、これにより、サービスがディスク使用量を自動的に乗っ取ってCPU使用率を駆動し、コンピューターがフリーズするのを防ぎます。

  1. Windowsキー+ Rを押して実行を開きます
  2. 「サービス」と入力し、Enterキーを押して[サービス]ウィンドウを開きます
  3. 「SoftThinksAgentService」という名前のサービスを探します。それを右クリックして、プロパティを選択します。
  4. プロパティウィンドウで、「スタートアップの種類」という名前のドロップダウンコンボボックスをクリックし、「無効」に変更します(または「手動」:手動では、必要に応じて後日、Dellバックアップユーティリティを開くことができます)。
  5. [サービスステータス]セクションで、[停止]をクリックして、システムですでに実行されているSoftThinksAgentサービスを強制終了します。
  6. 「適用」、「OK」をクリックして、サービスウィンドウを閉じます。これで問題が修正されるはずです。

方法2:DellBackupユーティリティをアンインストールする

デルのバックアップユーティリティが必要ない場合は、アンインストールできます。これにより、SoftThinks Agent Serviceも削除され、ディスク使用量のバグが解消されます。

  1. Windowsキー+ Rを押して実行を開きます
  2. 「appwiz.cpl」と入力し、Enterキーを押して、[プログラムと機能]ウィ​​ンドウを開きます。
  3. 探しデルのバックアップおよびリカバリまたはデルDataSafeローカルバックアップまたはAlienRespawnをDellのAlienwareのパソコンインチ これらはすべて、このサービスをインストールするバックアップユーティリティです。
  4. プログラムをクリックして選択し、「アンインストール」をクリックします
  5. 画面の指示に従って、プログラムを完全にアンインストールします
  6. コンピュータを再起動してください。

注:ここで入手できるDell Backupユーティリティのアップデートにより、この問題が修正される場合があります。ディスク使用率が高いことは、ハードドライブの障害を示していることも忘れないでください。タスクマネージャーからディスク使用率が高い明らかな原因がわからず、Windowsを再インストールしてすべてのウイルスを削除した場合は、完全に失敗する前に、ハードディスクのクローンを作成して新しいディスクをインストールするのが最適です。