修正:セットアップを使用してUSBフラッシュドライブにWindowsをインストールできない

このエラーは、ユーザーが以前のバージョンのWindowsからWindows10またはWindows8.1にアップグレードしようとしている場合、またはUSBフラッシュドライブに保存されているリカバリメディアを使用してオペレーティングシステムを更新しようとしている場合に表示されます。

それ以外の場合、ユーザーがWindows回復メディアがインストールされたUSBデバイスなしでWindows Updateを使用してコンピューターを定期的に更新しようとしても、エラーが表示されます。いずれにせよ、注意深く指示に従えば、問題を非常に簡単に処理できるいくつかの方法を用意しました。

「セットアップを使用してUSBフラッシュドライブにWindowsをインストールできません」エラーの原因は何ですか?

Windows Updateエラーは一般に原因を見つけるのが難しく、この問題も例外ではありません。特に、エラーの原因となるUSBフラッシュドライブがなくても、どこからともなく現れる可能性があるという事実を考慮すると、この問題は例外ではありません。それでも、最も一般的な原因のリストは次のとおりです。

  • 障害のあるレジストリキーは、それがさらに、この記事で説明したものなど、他のエラーが発生する可能性があり、ポータブルバージョンの思考にあなたのオペレーティングシステムを欺くことがあります。
  • パーティション管理は、Windowsの新しいコピーをインストールしようとしている人々にとってさらに別の原因です。OSをインストールするパーティションは、アクティブとしてマークする必要があります。

解決策1:レジストリエントリを変更する

リストの最初のソリューションは非常に簡単に実行でき、オペレーティングシステムに関連するレジストリエントリの値を変更するだけですぐに修正できます。それでも、レジストリの編集は危険であり、システムが不安定になる可能性があるため、必ず予防策を講じる必要があります。

レジストリキーを編集するので、他の問題を防ぐためにレジストリを安全にバックアップするために、私たちが公開したこの記事をチェックすることをお勧めします。このようにして、問題が発生した場合に行った変更を簡単に元に戻すことができます。

  1. 検索バー、[スタート]メニュー、またはWindowsキーとRキーの組み合わせでアクセスできる[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスのいずれかに「regedit」と入力して、レジストリエディタウィンドウを開きます。左側のペインでナビゲートして、レジストリ内の次のキーにナビゲートします。
HKEY_LOCAL_MACHINE \ System \ CurrentControlSet \ Control
  1. このキークリックして、ウィンドウの右側にあるPortableOperatingSystemというREG_DWORDエントリを見つけてください。そのようなオプションが存在する場合は、それを右クリックして、コンテキストメニューから[変更]オプションを選択します。
  1. [編集]ウィンドウの[値のデータ]セクションで、現在の状態に応じて値を1または0に変更し、行った変更を適用します。このプロセス中に表示される可能性のあるセキュリティダイアログを確認します。
  2. これで、[スタート]メニュー>> [電源]ボタン>> [再起動]をクリックしてコンピューターを手動で再起動し、問題が解決したかどうかを確認できます。

解決策2:パーティションをアクティブとしてマークする

この方法は、コンピューターにWindowsの新しいコピーをインストールしようとしているユーザーにとって非常に便利です。オペレーティングシステムをインストールするパーティションをアクティブに設定する必要があります。これは、以下の一連の手順に従って実行できます。

  1. [スタート]メニューまたは検索バーでディスクの管理ユーティリティを検索し、最初のオプションをクリックして、ディスクの管理ユーティリティを開きます。
  2. 別の方法は、WindowsキーとXキーの組み合わせを使用するか、[スタート]メニューを右クリックして、[ディスクの管理]オプションを選択してコンソールを開くことです。
  1. アクティブにするパーティション(オペレーティングシステムがインストールされているパーティションまたはインストールされるパーティション)を見つけます。それを右クリックし、コンテキストメニューから[パーティションをアクティブとしてマーク]オプションを選択します。
  1. 確認して任意のダイアログプロンプトをし、変更を確定します。コンピュータを再起動し、「セットアップからUSBフラッシュドライブにWindowsをインストールできません」というエラーメッセージが表示されるかどうかを確認します。

解決策3:WindowsUpdateコンポーネントをリセットする

この記事の最初の方法は最も成功した方法であり、2番目の方法は最初の方法が失敗した場合に最適です。ただし、これは、この方法がWindowsPCのほとんどの更新関連の問題に対処するための一般的に便利な方法であるという事実を取り除くものではありません。正直なところ、これはやや長い方法ですが、しばらくの間は価値があります。

  1. Windows Updateに関連するコアサービスである次のサービスをシャットダウンすることから、この方法から始めましょう:バックグラウンドインテリジェント転送、Windows Update、および暗号化サービス。残りの手順をエラーなしで実行する場合は、開始する前にそれらをシャットダウンすることが非常に重要です。
  2. [スタート]メニューで「コマンドプロンプト」を検索するか、そのすぐ横にある検索ボタンをタップします。上部に表示される最初の結果を右クリックし、「管理者として実行」オプションを選択します。

 

  1. 古いバージョンのWindowsを使用しているユーザーは、WindowsロゴキーとRキーの組み合わせを使用して、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを表示できます。ボックスに「cmd」と入力しCtrl + Shift + Enterキーの組み合わせを使用して、管理者としてコマンドプロンプトを実行します。
  2. 以下に示すコマンドをコピーして貼り付け、キーボードのEnterキーをクリックしてください。
ネットストップビットネットストップwuauservネットストップappidsvcネットストップcryptsvc
  1. この手順の後、更新コンポーネントのリセットを続行する場合は、いくつかのファイルを削除する必要があります。これは、管理者権限を持つコマンドプロンプトからも実行する必要があります。次のコマンドを実行します。
Del“%ALLUSERSPROFILE%\ Application Data \ Microsoft \ Network \ Downloader \ qmgr * .dat”
  1. SoftwareDistributioncatroot2の名前を変更します。これを行うには、管理者権限を持つコマンドプロンプトで、次の2つのコマンドをコピーして貼り付け、それぞれをコピーしてからEnterをクリックします。
Ren%systemroot%\ SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak Ren%systemroot%\ system32 \ catroot2 catroot2.bak
  1. このメソッドの最後の部分に進むために、System32フォルダーに戻ってみましょう。これは、コマンドプロンプトでこれを行う方法です。
cd / d%windir%\ system32
  1. BITSサービスを完全にリセットしたため、このサービスを正常に実行および動作させるために必要なすべてのファイルを再登録する必要があります。ただし、各ファイルは、それ自体を再登録するために新しいコマンドを必要とするため、プロセスが非常に長くなる可能性があります。コマンドを1つずつコピーし、省略しないように注意してください。Googleドライブファイルでこのリンクをたどると、完全なリストを見つけることができます
  2. 次に行うことは、次のコマンドをコピーして管理コマンドプロンプトに貼り付けることにより、Winsockリセットすることです。
netshwinsockリセットnetshwinhttpリセットプロキシ
  1. 上記のすべての手順が問題なく完了した場合は、以下のコマンドを使用して、最初の手順で閉じたサービスを開始できます。
ネットスタートビットネットスタートwuauservネットスタートappidsvcネットスタートcryptsvc
  1. 提供された手順を実行した後、コンピューターを再起動し、 WindowsUpdateの実行を再試行してください。うまくいけば、迷惑なエラーメッセージを回避できるようになります。