Camera2APIを有効にしてAndroidでRAWを撮影する方法

Camera2APIは2015年にAndroidLollipopに導入されましたが、2017年の電話メーカーの大多数はまだCamera2APIを携帯電話に実装していません。GoogleがレガシーCameraAPIを非推奨にし、リリース以来Camera2を実装するよう開発者に促したにもかかわらず、Camera2APIを完全にサポートしているプレミアムデバイスはほんの一握りです。メーカーは、Googleが意図したユニバーサルアップグレードではなく、プレミアムデバイスのセールスポイントとしてRAW形式のキャプチャなどのCamera2APIの機能を使用しているようです。

悪いニュースは、Camera2APIを使用してストックROMをフラッシュするだけでは不可能なことです。ROMを再構築してCamera2APIサポートを自分で追加するか、APIが組み込まれたカスタムROMをフラッシュする必要があります。良いニュースはCamera2 APIがROMに残っているが、製造元によって無効にされている場合に有効にするためのいくつかのトリックがあります。MediatekデバイスでRAW形式の写真を撮るネイティブな方法もあります。これらのトリックを以下に示します。

RAW形式とは何ですか?Camera2APIが必要なのはなぜですか?

このガイドに出くわし、RAW形式が何であるかわからない場合は、基本的にロスレス画像形式です。ビデオや音楽のビットレートのように考えてください。 120kbps、320kbps、FLACの音楽ファイルの違いをご存知ですか?または、320pと1080pでYoutubeビデオを見ていますか?それは基本的にRAW、JPEG対について同じことだの一種

RAW形式は、完全に可逆的な栄光で写真をキャプチャします。つまり、画像の圧縮はゼロです(ただし、ファイルサイズははるかに大きくなります)。これらのRAW画像は、画像ソフトウェアでの操作にはるかに適しています。ファイルタイプ名が示すように、これらは完全にRAW画像データであるためです。 JPEGをカメラのRAW写真と並べて比較すると、JPEGの色が明るくなったり、その他の視覚的な強調が表示されたりする場合があります。これは、JPEGがカメラソフトウェアによって後処理され、画像データに組み込まれているためです。 。

したがって、編集されていないRAWは、並べて比較するとJPEGよりも見苦しいように見える場合があります。しかし、画像操作の愛好家にとって、カメラソフトウェアによる「後処理」の欠如はまさにあなたが必要としているものです。後処理は完全にあなたの管理下にあります。これは、JPEGファイルに適用されるカメラソフトウェアの後処理の「魔法」と戦っていないため、RAW写真をJPEGファイルよりもはるかに強化できることを意味します。

Build.PropでCamera2APIを有効にする

警告:何か問題が発生した場合に備えて、build.propのバックアップを常に作成してください。

この方法は50/50の確率で成功しますが、試してみる価値はあります。一部のメーカーはCamera2APIをROMに組み込んでいるようですが、何らかの理由で無効にしています。Androidデバイスの/ systemパーティションのbuild.propに行を追加するだけで、Camera2API機能を有効にできます。

参照:AndroidBuild.Propを重要な調整で編集する方法

まず、ルート化された電話と、build.propファイルを編集する方法が必要です。ルートファイルエクスプローラーアプリ(ES Explorerなど)を使用して電話の/ systemパーティションに移動し、テキストエディターでbuild.propを開くか、JRummy BuildPropEditorなどの専用のbuild.propエディターを使用できます。

build.prop内に入ったら、次の文字列を検索します。

persist.camera.HAL3.enabled = 0

0を1に変更し、build.propを保存して終了し、電話を再起動します。その文字列がbuild.propに見つからない場合は、build.propファイルの最後にpersist.camera.HAL3.enabled = 1を手動で追加し、保存して再起動してみてください。次に、OpenCameraやCameraFV-5などのサードパーティのカメラアプリを起動し、Camera2 APIモードを有効にできるかどうかを[設定]メニューで確認することで、機能するかどうかをテストできます。

ターミナルエミュレータでCamera2APIを有効にする

上記の代替方法は、ターミナルエミュレータを介してCamera2APIを有効にすることです。ターミナルを起動し、次のコマンドを入力するだけです。

su

supersist.camera.HAL3.enabled 1

出口

出口

スマートフォンを再起動して、OpenCameraやCameraFV-5などのサードパーティのカメラアプリで動作するかどうかを確認します。

MediatekエンジニアモードでRAW写真を撮影する

Mediatekチップセットデバイスをお持ちの場合は、エンジニアモードを使用して、Camera2APIが有効になっていない場合でもRAW写真を撮影できる方法があります。エンジニアモードにアクセスするには、いくつかの方法があります。

ダイヤラを開き、次の番号を入力します:*#*#3646633#*#*

または、MTKエンジニアリングモードなどのアプリをインストールして、家に常にショートカットアイコンを表示することもできます。XposedとGravityBoxモジュールをインストールすることもできます( XposedモジュールでAndroidを完全にテーマ化する方法」を参照。これには、エンジニアモードへのランチャーも含まれます。

いずれの場合も、エンジニアモードに入ったら、右にスクロールして[ハードウェアテスト]> [カメラ]に移動します。これはカメラハードウェアのテストモードですが、RAW形式を含むすべての種類のカメラオプションを有効にして、写真を撮ることができます。

エンジニアモードでRAW写真を撮影すると、2つのファイルが/ DCIM / CameraEM /ディレクトリに保存されます。写真をプレビューするためのJPEGと、Androidフォンではプレビューできない実際のRAWファイルです。RAWファイルをPCにエクスポートし、Adobe Photoshopなどの画像編集ソフトウェアを使用してRAW画像を操作する必要があります。また、携帯電話が出力するものではなく、ユニバーサルRAW形式に変換する必要がある場合もあります。