修正:起動できない 'CPUに適したカーネルを使用してください'

ユーザーがGNU / Linuxで抱える問題のほとんどは、起動してソフトウェアパッケージを操作しようとした後でも問題ありませんが、起動できないというメッセージが表示された場合は、CPUに適したカーネルを使用してください。始めようとしていますか?ISOファイルを使用している場合、これは通常、マシンのアーキテクチャに対して間違ったファイルを選択したことを意味します。現在使用されている主要なアーキテクチャはいくつかありますが、32ビットのIntelまたはAMDマイクロプロセッサが内蔵されているシステムをx86_64コードで起動しようとした可能性があります。

方法1:異なるISOで起動できないエラーを修正する

これらのエラーは、使用しているカーネルのタイプによって異なることがわかりますが、通常、カーネルが特定のプロセッサをどのように必要としているかについてのメッセージから始まります。たとえば、32ビットネットブックで64ビットKali LinuxのテストISOを実行したところ、次のエラーメッセージが表示されました。

このカーネルにはx86-64CPUが必要ですが、検出されたのはi686CPUのみです。

この場合、i686は従来のIntelアーキテクチャを指します。この場合は、適切なカーネルをダウンロードするだけで、起動できないというエラーを修正できます。特定のチップで実行するにはコードを記述する必要があります。この警告は、使用しているハードウェアの種類で実行するように設計された保護コードによって画面に出力されます。

起動可能なマシンで最初にダウンロードしたISOを探していたときに、表示していたダウンロードページに戻ります。 Linuxをインストールしようとしたマシンにまだ有効なオペレーティングシステムがある場合は、そこから起動して新しいISOをダウンロードできるはずです。理論的には、ISOファイルを書き出すことができれば、Linux以外の別のオペレーティングシステムを実行しているマシンを使用することもできます。

私たちのテストでは、Kali Linuxサイトをざっと見て、標準の32ビットISOを提供していることがわかりました。 i686ハードウェアの検出のみに言及しているエラーが発生した場合、このファイルは完全に正常に機能します。 i686と32ビットという用語は実際には互換性がありませんが、パーソナルコンピュータ市場でのIntelの優位性のため、ISOファイルを選択するときに基本的にこのように使用されてきました。

i686だけでなく、他の種類のハードウェアについても不満があるかもしれません。 ARMプロセッサはタブレットやその他のポータブル機器で一般的であり、Kali Linuxはこれらを起動するためのISOファイルを提供します。これにより、起動できないエラーが修正されます。 PPCエラーは、古いAppleハードウェアで一般的なPowerPC機器から発生します。 UbuntuとDebianはPPCISOファイルをサポートしています。 Debianには、任意のタイプのMIPS機器がある場合に使用できるISOファイルもあります。 Debianインストールパッケージに行き、これらのISOの1つをダウンロードして、microSDXCカードまたはメモリスティックに書き込みます。再起動したら、新しいISOを書き込んだデバイスに一致する起動オプションを選択すると、GNU / Linuxインストーラーを起動できるようになります。

仮想マシンを実行していてこのエラーが発生した場合は、メニューを使用して、エミュレートされるプロセッサのタイプを変更することをお勧めします。別の種類のISOに切り替えるのではなく、仮想マシンシステムを64ビットプロセッサに切り替えることができます。

方法2:CPUハードウェアを検出する

既存のLinuxインストールを起動できるが、それが使用するアーキテクチャがわからない場合は、簡単に見つけることができます。X Windowsのインストールが機能しない場合は、インストールからターミナルウィンドウを開くか、仮想コンソールの1つに移動します。bashプロンプトから、archまたはuname -mと入力して、使用しているプロセッサアーキテクチャの種類をすぐに確認します。

Kali Linux ISOファイルを試したのと同じテストネットブックでLubuntuインストール内から実行したところ、応答としてi686がすぐに返されました。これは、標準の32ビットIntelプロセッサを搭載し、このアーキテクチャ内で機能するように設計されたISOイメージファイルで問題なく動作するという点で、このマシンについて私たちが知っていたことを裏付けています。ddを使用して、使用していた元のISOを記述して再起動するのと同じ方法で記述します。