Safariがページを開くことができないのを修正する方法は?

Safariは、2003年に最初にリリースされたAppleのフラッグシップWebブラウザです。その後、Appleデバイス(iPhoneなど)に採用されて以来、ブームになっています。Safariは他のブラウザと同じように、シークレットブラウジングや複数のタブなどをサポートしています。

Safariは、人気のあるブラウザの1つですが、他のブラウザにはないいくつかの問題を引き起こすことが知られています。それらの1つは、エラーメッセージ「Safariはページを開くことができません」です。このエラーは、Webサイトの問題からローカル設定に至るまで、いくつかの異なる理由で発生する可能性があるため、これが発生する理由についての簡単なルールはありません。それでも、問題の解決に役立つ一連のソリューションを組み合わせました。

「Safariはページを開けません」というエラーの原因は何ですか?

最初のレポートを受け取った後、調査を実施し、それらをユーザーレポートと組み合わせた結果、エラーの原因はいくつかの異なる理由であると結論付けました。このエラーが発生する理由のいくつかは、以下に限定されません。

  • 不正なURL:これが、このエラーメッセージが表示される最大の原因である可能性があります。URL自体が適切でなく、アクセスできない場合、多くの問題が発生します。
  • 破損したキャッシュ:他のすべてのブラウザと同様に、Safariにもローカルキャッシュがあり、ブラウザとの間で送受信される一時的な情報が保存されます。キャッシュ自体が破損していると、さまざまな問題が発生します。
  • DNS設定:通常、ISPによって設定されたデフォルトのDNSサーバーは完全に機能するはずです。ただし、そうでない場合は、Webサイトの名前が解決されず、問題が発生します。
  • エラー状態のSafari:ブラウザも時々エラー状態になる可能性があります。Safariの場合も同様です。ブラウザを再起動すると、ここで役立つ場合があります。
  • VPN接続:一部のWebサイトは、「geo」を認識することでユーザーアクセスをブロックします。あなたが許可されている国のリストにないことを彼らが検出した場合、あなたはウェブサイトにアクセスすることができません。
  • ネットワークの問題:これはまれですが、ネットワークに問題が発生する場合が多く、そのため、どのWebサイトにも接続できなくなります。通常、別のネットワークを使用するとここで役立ちます。
  • 電話の破損した一時データ:電話は、アプリケーション(Safariを含む)に関する一時データもストレージに保存します。このデータに問題があるか破損している場合、アプリケーションに正しくアクセスできなくなります。
  • Webサイトの制限: Appleデバイスには、コンテンツに応じて複数のWebサイトを制限できるオプションもあります。ウェブサイトがリストリクターのルールに合格しない場合、あなたはそれにアクセスすることができません。

ソリューションに進む前に、コンピューターに管理者としてログインしていることを確認し、スマートフォンを使用している場合は、パスコードを持っていることを確認してください。最初の解決策から始めて、下に向かって進んでください。

解決策1:WebサイトのURLを確認する

エラーが発生したときに最初に確認する必要があるのは、ブラウザに入力しているURLが本当に正しいかどうかです。タイプが原因で接続要求が受け入れられず、エラーメッセージが表示される場合があります。

また、入力している終了アドレスにエラーがある可能性があります。たとえば、末尾が「appuals.com」であるのに対し、「appuals.co.edu」と入力している場合があります。開こうとしているWebサイトの正しいURLを知っていることを確認してください。念のため、別のWebサイトや別のブラウザでURLを開いてみることもできます。別のブラウザで開いているのに自分のブラウザでは開いていない場合は、Safariに問題がある可能性があり、次の解決策に進むことができます。

解決策2:破損したキャッシュをクリアする

Safariブラウザに対して保存されているキャッシュが破損または破損している可能性があります。この場合、ブラウザの動作が異なり、複数のWebサイトを開くことを拒否する可能性があります。ここで、キャッシュをクリアして、これが機能するかどうかを確認できます。その場合、さまざまなWebサイトでの設定のほとんどが、一部の設定とともに失われます。ただし、新しいユーザーとして扱われるため、Webサイトに再度アクセスするたびに、それらを再設定するように求められます。

  1. MacコンピュータでSafariを起動します。画面の左上にあるSafariをクリックし、[設定]をクリックします。
  2. 設定画面が表示されたら、[プライバシー]をクリックし、[ Webサイトデータの管理]を選択します。
  3. これで、[すべて削除]をクリックして、ブラウザからすべての一時データ(キャッシュ)を削除できます。UACでプロンプトが表示されたら、続行します。
  4. Safariを再起動して、Webサイトへのアクセスを再試行してください。問題が解決したかどうかを確認します。

Appleスマートフォンを使用している場合は、次の手順に進みます。

  1. スマートフォンで設定アプリケーションを開きます。
  2. 次に、Safariに移動し、[履歴とWebサイトのデータ消去]が表示されるまで下に移動します
  3. UACでプロンプトが表示されたら、続行します。
  4. Safariを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。

解決策3:DNSの変更

ドメインネームサービスは、どのブラウザでも最も重要なモジュールの1つです。入力したWebサイト(appuals.comなど)の名前を変換し、Webサイトに対応するIPアドレスに変換してから、接続を確立しようとします。DNSが機能していない場合、名前は解決されず、Webサイトにアクセスできなくなります。このソリューションでは、DNSをGoogleのDNSに変更し、これで問題が解決するかどうかを確認します。

  1. Macデバイスでシステム環境設定を開きます。
  2. 次のページで[ネットワーク]を選択し、[詳細]をクリックします
  3. 次に、上のタブを使用してDNS設定をクリックして移動し、次のアドレスを入力します:8.8.8.8
  4. ここで、[ OK]を押して、Safariを再起動します。問題が完全に解決されているかどうかを確認します。

Appleスマートフォンをお持ちの場合は、以下の手順に従ってください。

  1. 開いている設定のアプリケーションをしてをクリックしてのWi-Fi。次に、接続しているネットワークを選択し、詳細の小さなアイコンをクリックします。
  2. 下にスクロールして、DNSのエントリを検索します。クリックして。
  3. [手動]オプションを選択し、[サーバーの追加]をクリックします
  4. ここで、8.8.8.8と入力し、変更を保存します。
  5. 設定を終了し、Safariを再起動します。問題が完全に解決されているかどうかを確認します。

解決策4:デバイスの電源を入れ直す

上記の方法のいずれも機能しない場合は、デバイスの電源を完全に入れ直してみてください。パワーサイクリングとは、コンピュータ/モバイルを完全にシャットダウンし、すべての電力を消費して、再び開くことです。これにより、保存されている不適切な一時構成がすべて削除され、問題が修正されることが期待されます。続行する前に、必ず作業内容を保存してください。

  1. 適切にシャットダウンして、Macデバイスの電源を切ります。Macワークステーションをお持ちの場合は、電源ボタンも数秒間押し続けます
  2. モバイルデバイスをお持ちの場合は、シャットダウンしてください
  3. ここで、数秒待ってからオンに戻します。しばらく待ってから、Safariを開いてWebページを起動します。問題が解決したかどうかを確認します。

解決策5:制限されたプロトコルの確認

Appleデバイスには、フラグが立てられたコンテンツがWebサイトで開かれないように制限できる設定があります。このオプションは、Web上の疑わしいコンテンツから子供を保護するために導入されました。ただし、知らないうちに制限がアクティブになり、デバイス自体が接続を許可していないためにエラーメッセージが表示される場合があります。このソリューションでは、設定に移動して制限設定を変更します。

  1. iDeviceで[設定]を開き、[全般]をクリックします。
  2. 次に、下にスクロールして[制限]をクリックします。パスコードの入力を求められた場合は、入力してください。
  3. 次に、[許可されたコンテンツ]の見出しが表示されるまで下にスクロールします。その下からウェブサイトを選択します
  4. ここで、[すべてのWebサイト]のオプションが選択されていることを確認します。変更を保存して終了します。デバイスを再起動し、問題が完全に解決されているかどうかを確認します。

解決策6:VPN接続を使用する

世界中の多くのウェブサイトは、それらを訪問しているユーザーを「ジオ」認識しています。「ジオ」対応とは、ウェブサイトがあなたの場所を知っており、ホワイトリストに載っていない場合はアクセスをブロックする可能性があることを意味します。ISPの場合も同じです。複数のWebサイトへのアクセスをブロックしている可能性があり、適切なエラーメッセージを表示する代わりに、「Safariはページを開くことができません」というエラーが表示されます。

したがって、Macbook / iDeviceにVPNクライアントをインストールしてから、Webサイトに接続してみることをお勧めします。問題が実際に場所に起因するものである場合、それはおそらく解決され、問題はまったく発生しません。ただし、そうでない場合は、他のソリューションを続行できます。

解決策7:ネットワークを確認する

このエラーメッセージが表示されるもう1つの考えられる原因は、ネットワーク自体が正しく機能していないことです。これまたは接続のいずれかが非常に遅く、非常に遅れているため、Webサイトを開くことができません。問題がデバイスにないことを確認する唯一の方法は、ネットワークが正しく機能していることを確認することです。

ここでできることは、ネットワーク上の他のデバイスが同じWebサイトに接続できるかどうかを確認することです。そうではなく、同様のエラーメッセージが表示される場合は、ネットワークに問題があることを意味している可能性があり、適切にトラブルシューティングする必要があります。詳細については、ルーターをリセットするか、ISPに問い合わせてみてください。