修正:システムにUSBブートオプションがない

一部のPCユーザーは、Windowsを再インストールしようとしたとき、または[詳細オプション]メニュー内のEFI USBデバイスにアクセスしようとしたときに、「システムにUSBブートオプションがありません」というエラーが発生します。この問題は、Lenovo、Dell、ASUSなどを含むほとんどのメーカーで発生すると報告されているため、特定のビルドまたはモデルに限定されません。

「システムにUSBブートオプションがない」問題の原因は何ですか?

影響を受けるさまざまなユーザーレポートと、問題を解決するためにユーザーがまとめて使用した修復戦略を調べて、この特定の問題を調査しました。私たちの調査により、この特定のエラーメッセージを引き起こすことが確認されているいくつかの原因が明らかになりました。

  • セキュアブートが有効になっている–数え切れないほどのユーザーレポートが示しているように、ユーザーが起動可能なUSBドライブからWindowsを再インストール/クリーンインストールしようとしたときにセキュアブートが有効になっている場合、この特定のエラーが表示されることがあります。この場合の解決策は、単にセキュアブートを無効にすることです。
  • レガシー/ CSMサポートがBIOSまたはUEFIから無効になっている–新しいマザーボードを搭載したコンピューターでは、レガシーサポートまたは互換性サポートモジュールが無効になっているため、この特定のエラーが発生する可能性があります。このシナリオが当てはまる場合、解決策はBIOS / UEFI設定メニューから同等のサービスを有効にすることです。
  • コンピューターはLenovoService Engineの影響を受けます– Lenovoコンピューターは、Lenovo Service Engine(LSE)と呼ばれる独自のサービスが原因で、この特定のエラーが発生する可能性があります。これは必須ではないため、BIOSまたはUEFI設定にアクセスし、LSEサービスを無効にすることで問題を解決できます。
  • 起動可能なUSBドライブが正しく作成されていません– Windowsのインストール、修復、またはアップグレード時に使用しようとしている起動可能なUSBドライブが正しく作成されていないため、問題が発生している可能性もあります。

現在この特定のエラーメッセージに苦労している場合、この記事では、問題のトラブルシューティングに役立ついくつかの検証済みの手順を説明します。以下に、同様の状況にある他のユーザーが問題の根底に到達するために使用したメソッドのコレクションを示します。

このプロセス全体を通じて効率を維持したい場合は、特定のシナリオで問題を解決する修正が見つかるまで、以下の潜在的な修正に従ってください。以下の方法のいくつかがシナリオに適用できない場合は、それらをスキップしてリストを続けてください。

方法1:ブートオプション画面からセキュアブートを無効にする

影響を受ける多くのユーザーが「システムにUSBブートオプションがありません」エラーを解決するために正常に展開した一般的な修正の1つは、BIOS / UEFI設定からセキュアブートを無効にすることです。

セキュアブートは、コンピューターが相手先ブランド供給(OEM)によって信頼されているソフトウェアのみを使用することを保証するために、PC業界の最大のプレーヤーによって開発された業界標準です。ただし、Rufusなどの非公式チャネルを介してインストールメディアを自分で作成した場合、このセキュリティ機能によって問題が発生する可能性があります。

ご想像のとおり、セキュアブートを無効にするプロセスはメーカーごとに異なります。しかし、誰もが従うことができるプロセスにはいくつかの類似点があります。

  1. マシンの電源を入れ、起動シーケンス中にセットアップ(起動)キーを押し始めます。ほとんどの場合、セットアップキーが画面に表示されます。ただし、EscキーFキー(F1、F2、F4、F8、F12)、またはDelキー(Dellコンピュータ)を繰り返し押すか、専用のセットアップキーをオンラインで検索して、特定の起動シーケンスを見つけることもできます。

    注: UEFIを使用している場合は、Shiftキーを押しながら[再起動]ボタンをクリックします。次に、[トラブルシューティング]> [詳細オプション:UEFIファームウェア設定]に移動して、UEFI設定にアクセスします。

  2. BIOSメニューへのエントリを取得したら、Secure Bootという名前の設定を探し、無効に設定します。通常、これは[セキュリティ]タブ内にありますが、BIOS / UEFIのバージョンによっては、[ブート]タブまたは[認証]タブ内にもある場合があります。

  3. セキュアブートが無効になったら、変更をBIOS / UEFIに保存し、コンピューターを再起動します。
  4. セキュアブートが無効になっているときに、「システムにUSBブートオプションがありません」というエラーが発生しなくなったかどうかを確認します。

それでも同じエラーメッセージが表示される場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法2:レガシー/ CSMブートサポートを有効にする 

一部のユーザーは、UEFI設定にアクセスし、BIOS互換モード/ CSMブートサポートを有効にした後、問題が解決したと報告しています。ほとんどの場合、これにより、UEFI用に設計されていない古いオペレーティングシステムとの互換性が向上し、「システムにUSBブートオプションがありません」というエラーを回避できます。

UEFI / BIOSファームウェアでレガシー/ CSMサポートを有効にするためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 電源アイコンをクリックし、Shiftキーを押しながら再起動を押します。これにより、オペレーティングシステムが[高度な回復 ]メニューに直接再起動するようになり ます。

    注:  Windows 10では、[実行]ボックス(Windowsキー+ R)を開き、「ms-settings:recovery」と入力してEnterキーを押し、[更新とセキュリティの設定]メニューの[回復]タブを開きます。次に、[高度なスタートアップ]の下の[今すぐ再起動]をクリックして、コンピューターを直接リカバリメニューに再起動します。

  2. コンピューターが再起動して[詳細オプション]メニューが表示されたら、[トラブルシューティング]> [詳細オプション]に移動し、[ UEFI / BIOSファームウェア設定]をクリックします。
  3. 次に、[再起動]ボタンをクリックして、UEFIファームウェア設定を変更します。その後、コンピューターはUEFI / BIOSセットアップで直接再起動します
  4. UEFIファームウェア設定に到達したら、設定を確認して、ブートモードをUEFIからBIOSに変更できるエントリを探します(通常、ブートカテゴリにあります)。一部のBIOS / UEFIバージョンには、UEFIとレガシーの両方を許可する可能性が含まれていることに注意してください。可能であれば、それを選択してください。

    注: BIOSを利用したシステムでは、必ずレガシーサポート またはUSBレガシーサポートを有効にしてください。通常、[詳細設定]タブにあります。

  5. 変更を保存して、UEFI / BIOS設定を終了します。次に、以前に「システムにUSBブートオプションがありません」エラーを引き起こしていたのと同じ操作を実行し、問題が引き続き発生するかどうかを確認します

方法3:BIOS / UEFI設定をデフォルトにリセットする

この特定のエラーメッセージの解決に苦労している一部のユーザーは、問題を最終的に解決したのは、すべてのBIOS / UEFI設定をデフォルトにリセットしたことであると報告しています。ご想像のとおり、この手順は、コンピューターの製造元と使用されているブートテクノロジによって異なります。

これを行う方法について明確な手順を提供することはできませんが、適切なメニューに到達するのに役立つ2つの個別のガイド(ブートテクノロジごと)を作成しました。

BIOS設定をデフォルトにリセットする

  1. マシンの電源を入れ、起動シーケンス中にセットアップ(起動)キーを押し始めます。画面にセットアップキーが見つからない場合は、EscキーFキー(F1、F2、F4、F8、F12)、またはDelキー(Dellコンピュータ)を繰り返し押して推測できるかどうかを確認してください(第一画面)または専用のセットアップキーをオンラインで検索します。

  2. BIOS設定へのエントリを取得したら、Setup Defaultsという名前の設定にアクセスしますReset to Default、Factory Default、またはSetup Defaultとしても表示されます)。次に、Load Setup Defaultsを選択し、画面の指示に従って現在の構成を確認して保存します。

    注:最も一般的なBIOSバージョンでは、F9キーを押してからEnterキーを押すと、デフォルトのBIOS構成をロードできます

  3. 変更を保存して終了します。
  4. 以前に「システムにUSBブートオプションがありません」というエラーをトリガーした手順を繰り返して、問題が引き続き発生するかどうかを確認します

UEFI設定をデフォルトにリセットする

  1. 押してWindowsキー+ Rは、ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「ms-settings:recovery」入力し、Enterキーを押して、設定アプリの[回復]メニューを開きます。
  2. 回復ウィンドウ、クリック今すぐ再起動を下のボタンを高度なスタートアップ
  3. コンピューターが再起動して[詳細オプション]メニューが表示されたら、[トラブルシューティング]> [詳細オプション]に移動し、[ UEFI / BIOSファームウェア設定]をクリックします。
  4. 次に、[再起動]ボタンをクリックして、UEFIファームウェア設定を変更します。その後、コンピューターはUEFI / BIOSセットアップで直接再起動します
  5. UEFI設定に到達したら、[設定]メニューにアクセスし、[デフォルトに戻す](または同様の)という名前のオプションを検索します。次に、操作を完了して変更を保存してから、UEFI設定を終了します。
  6. 次回のシステム起動時に、以前にエラーをトリガーしていた操作を再作成し、同じ問題が引き続き発生するかどうかを確認します。

それでもこの特定のエラーメッセージが表示される場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法4:Lenovo Service Engineを無効にする(Lenovoコンピューターのみ)

Lenovoコンピューターでは、「システムにUSBブートオプションがありません」というエラーは、Lenovo Service Engine(LSE)と呼ばれる独自のユーティリティが原因で発生する場合もあります。 このユーティリティは、特定のLenovoデスクトップシステムにのみ存在し、システムが最初にインターネットに接続されたときに、個人を特定できないデータをLenovoサーバ​​ーに送信するために使用されます。

無害なシステムのように見えますが、多くのユーザーが、有効のままにするとサービスがこの特定のエラーを引き起こすことになると報告しています。幸い、サービスを無効にすることは、それを含むすべてのLenovoモデルで非常に簡単です。

これがあなたがする必要があることです:

  1. システムの起動中に(最初の起動シーケンスで)F1を押して、コンピューターのBIOS設定にアクセスします。
  2. LenovoコンピューターのBIOS設定に到達したら、矢印キーを使用して[セキュリティ]タブを選択します。次に、Lenovo Service Engineに移動し、サービスを無効に設定します。

  3. 現在のBIOS構成を保存してから、BIOS設定を終了します。
  4. 次回のコンピューターの起動時に、以前に「システムにUSBブートオプションがありません」エラーをトリガーしていたのと同じ操作を再作成し、問題が解決されているかどうかを確認します

方法5:正しいUSBブータブルドライブを作成する

システムにUSBブートオプションがありません」というエラーが表示される可能性があるもう1つの理由は、使用しているインストールメディアがブート可能でないか、BIOS / UEFI設定と互換性があるように作成されていないことです。

結果が得られずにここまで来た場合は、以下の記事の機能の1つに従って、推奨される手順でUSBブータブルドライブを再作成してください。

  • Rufus Windows7を使用して起動可能なUSBを作成する
  • Rufus Windows10を使用して起動可能なUSBを作成する