修正:DiskPartでエラーが発生しました 'アクセスが拒否されました'

いくつかのWindowsユーザーは、パーティションのサイズ変更やドライブのフォーマットなどのDiskPart操作を実行しようとすると、「DiskPartでエラーが発生しました:アクセスが拒否されました」というエラーが表示されると報告しています。この問題は複数のWindowsバージョンで発生することが報告されているため、問題はオペレーティングシステムに関係していません。

'DiskPartでエラーが発生しました:アクセスが拒否されました'エラーの原因は何ですか?

さまざまなユーザーレポートと、問題を解決するために最も影響を受けたユーザーが正常に展開した修復戦略を分析することにより、問題を綿密に調査しました。結局のところ、この特定のエラーメッセージをトリガーする可能性のあるいくつかの異なる潜在的な原因があります。

  • コマンドプロンプトに管理者権限がない–この問題が発生する最も一般的な理由は、コマンドプロンプトに管理者権限がないことです。ほとんどの場合、修正は、管理者アクセスでコマンドプロンプトを開くことです。
  • ドライブの書き込み保護が有効になっている–ドライブがDiskPartによって処理されるときにこの特定のエラーをトリガーするもう1つの一般的な原因は、書き込み保護です。このシナリオが当てはまる場合は、DiskPartから直接またはレジストリエディタを介してセキュリティ機能を無効にすることで回避できます。

「DiskPartでエラーが発生しました:アクセスが拒否されました」というエラーを回避できる可能性のある解決策を現在探している場合 、この記事ではいくつかのトラブルシューティングガイドを提供します。以下に、同様の状況にある他のユーザーがこの問題の解決に効果的であることが確認したいくつかの異なる方法を示します。

最良の結果を得るには、以下の方法を提示されている順序で実行することをお勧めします。それらの1つは、特定のシナリオの問題を修正するためにバインドされています。

方法1:管理者権限でコマンドプロンプトを実行する

この問題が発生する最大の理由は、ユーザーが特定のコマンドを実行するためにDiskPartに管理者権限が必要であることを忘れていることです。つまり、「DiskPartでエラーが発生しました:アクセスが拒否されました」というエラーを回避するために、管理者としてDiskPartで使用する管理者特権のコマンドプロンプトを開く必要があり  ます。

これを行う最も簡単な方法は次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rは、ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「cmd」入力し、Ctrl + Shift + Enterを押して、管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。
  2. UAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示されたら、[はい]を選択して管理者権限を付与します。
  3. 開いたばかりの高度なコマンドプロンプトで、DiskPartユーティリティを再度実行し、同じ動作が引き続き発生するかどうかを確認します。

「DiskPartでエラーが発生しました:アクセスが拒否されました」というエラーが引き続き表示される場合は 、以下の次の方法に進んでください。

方法2:ドライブから書き込み保護を削除する 

「DiskPartでエラーが発生しました:アクセスが拒否されました」というエラーが表示されずにDiskPart操作を完了できる可能性がある別の方法 は、書き込み保護の削除を使用することです。これは、DiskPart ユーティリティを介して直接行うか、レジストリエディタを使用して行うことができます。

書き込み保護を削除して問題を解決するには、現在の状況に適したガイドに従ってください。

Diskpartを介した書き込み保護の無効化

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「diskpart」と入力し、Enterキーを押してDiskPartユーティリティを開きます。
  2. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押して、使用可能なすべてのディスクのリストを取得します。
    リストディスク
  3. 次のコマンドを入力 し、Enterキーを押して特定のドライブを選択します。
    ディスクXの選択注: Xは単なるプレースホルダーです。選択したいディスクの番号に置き換えてください。
  4. ディスクを選択したら、次のコマンドを入力して、ディスクの書き込み保護を無効にします。
    属性ディスククリア読み取り専用
  5. コンピュータを再起動して、問題が解決されたかどうかを確認し、「DiskPartでエラーが発生しました:アクセスが拒否されました」というエラーが表示されることなくDiskPart操作を完了でき  ます。

レジストリエディタによる書き込み保護の無効化

  1. 押してWindowsキー+ Rは、  ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「regedit」入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを開きます。UAC(ユーザーアカウント制御)によってプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックして管理者権限を付与します。
  2. レジストリエディタ内で、左側のペインを使用して次のパスに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ StorageDevicePolicies

    注:手動でナビゲートするか、アドレスをナビゲーションバーに直接貼り付けることができます。

  3. 右側のペインに移動し、WriteProtectをダブルクリックして、値を0に変更し、書き込みポリシーを無効にします。

それでも 「DiskPartでエラーが発生しました:アクセスが拒否されました」というエラーが発生する場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:サードパーティツールを使用してパーティションのサイズを変更する(該当する場合)

DiskPartを使用せずにパーティションのサイズを変更できる、非常に優れた無料のサードパーティツールがいくつかあります。影響を受けた数人のユーザーが、このルートを使用すると、「DiskPartでエラーが発生しました:アクセスが拒否されました」というエラーが発生することなく操作を完了できると報告してい ます。

仕事を成し遂げることができるさまざまなフリーウェアツールをテストした後、私たちは特定のニーズに最適なツールとしてPartition ManagerFreeを決定しました。Partition ManagerFreeをインストールして使用してパーティションのサイズを変更するためのクイックガイドは次のとおりです。

:パーティション編集は、データの損失を引き起こす可能性があります。これを実行する前に、ドライブをバックアップすることをお勧めします。

  1. このリンク(ここ)にアクセスし、[ダウンロード]ボタンをクリックして、Partition ManagerFreeの最新バージョンをダウンロードします。
  2. ダウンロードが完了したら、インストール実行可能ファイルを開き、画面の指示に従ってParagon Hard Disk ManagerPartition Manager Freeを保持するユーティリティ)を表示します。
  3. ユーティリティがインストールされたら、Paragon Hard Disk Managerユーティリティを開き、アカウントを作成して資格情報を使用してログインし、オンラインアクティベーションを完了します。アクティベーションが完了したら、[ツール]に移動し、[パーティションマネージャー]をクリックします。
  4. 次に、このユーティリティを使用して、以前はDiskPart内で失敗していたのと同じプロセス(マージ、フォーマット、分割など)を完了します。