修正:Windows10オンスクリーンキーボードを無効にする

Windows 10は、コンピューターとスマートフォン向けに設計された軽量のオペレーティングシステムです。Windows 10は、その前身から機能を借りて、標準のコンピューターとタッチスクリーンコンピューターの完璧なバランスを作り出すことを目指しています。これらを念頭に置いて、何人かのプログラマーはタッチスクリーン機能を利用してプログラムに組み込んでいます。

アクセスのしやすさの機能として、または標準のキーボードで入力するのが難しい人のために、Windows10はオンスクリーンキーボードを提供します。ボタンをクリックして入力するか、タッチスクリーンを使用している場合はキーをタップして入力できます。しかし、オンスクリーンキーボードの一方的な外観に関する苦情がユーザーから寄せられています。ログイン画面に移動すると、キーボードは常にオンになります。つまり、ログアウトするかPCを起動するたびに、オンスクリーンキーボードが常にオンになります。

この記事では、ログイン時にオンスクリーンキーボードが突然表示される理由を説明し、状況を改善する方法を説明します。

オンスクリーンキーボードが表示される理由

では、ログイン時に迷惑なオンスクリーンキーボードが表示される原因は何でしょうか。ここにいくつかの理由があります。

Windows 10では、開発者はオンスクリーンキーボードとタッチスクリーンモードを呼び出すことができます。したがって、オンスクリーンキーボードを開くことができるそのようなアプリケーションがいくつかあります。そのようなプログラムがスタートアッププログラムにリストされている場合、コンピュータを起動するたびに、プログラムがシステムにロードされ、画面キーボードも一緒にロードされます。

もう1つの理由は、非常に単純で単純明快です。ログインウィンドウで開くように画面キーボードを設定した可能性があります。これは、アプリケーションを介して無意識のうちに行った可能性があります。これらの設定は、コンピューターの簡単操作センターにあります。

起動時またはログイン画面に移動するたびに、オンスクリーンキーボードが開かないようにする方法は次のとおりです。

方法1:コンピューターの簡単操作センターからオンスクリーンキーボードを無効にする

  1. 押してWindowsの/スタートキー+ U開くためのアクセスセンターのしやすさを
  2. キーボード」の下
  3. オンスクリーンキーボードを使用する」スライドしてオフにします。

方法2:オンスクリーンキーボードオプションからオンスクリーンキーボードを無効にする

オンスクリーンキーボードには、設定を変更するためのオプションがあり、ログイン画面での起動を無効にするためのショートカットが含まれています。

  1. 押してWindowsの/スタートキー+ R「開くためのファイル名を指定して実行」で「と種類をOSK」押し「を入力キーを」。これにより、オンスクリーンキーボードが起動します。
  2. 右側のキーボードの下部に「オプション」キーが表示されたら、そのキーをクリックします。
  3. ポップアップ「オプション」ボックスが表示され、下部に「サインイン時にオンスクリーンキーボードを起動するかどうかを制御する」という青いリンクが表示されます。そのリンクをクリックすると、別のボックスがポップアップ表示されます。
  4. オンスクリーンキーボードを使用する」がチェックされている場合は、チェックを外してください。
  5. 適用」、「OK」の順に選択して変更を保存し、ウィンドウを閉じます
  6. オプション」ボックスで「OK」を選択して閉じます。「コンピューターの簡単操作センター」ウィンドウが表示される場合があります。閉じるだけです。
  7. 画面キーボードを閉じます。

方法3:レジストリエディタを介してオンスクリーンキーボードがログイン画面に表示されないようにする

  1. 押しながらWindowsの/スタートキーを押しながら「R」を「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示します。
  2. regedit」と入力し、「Enter」を押します。
  3. 次の場所に移動します:HKLM(HKEY_LOCAL_MACHINE)-> ソフトウェア->  Microsoft-  > Windows- CurrentVersion->  Authentication->  LogonUI
  4. ShowTabletKeyboard」をダブルクリックして開きます。
  5. 値データを「0」に設定して無効にします。このキーが存在しない場合は、作成できます。

方法4:タッチスクリーンキーボードと手書きパネルサービスを無効にする

これにより、オンスクリーンキーボードサービスの開始が停止します。これにより、アプリケーションからサービスを呼び出すことができなくなるため、キーボードがポップアップしなくなります。

  1. 押しながらWindowsの/スタートキーを押しながら「R」を「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示します。
  2. services.msc」と入力し、「Enter」を押します。
  3. タッチスクリーンキーボードと手書きパネル」まで下にスクロールします
  4. 右クリックして「停止」を選択します
  5. もう一度右クリックして、「プロパティ」を選択します
  6. プロパティウィンドウの[全般]タブで、スタートアップの種類の設定を「自動」から「無効」に変更します。
  7. プロンプトが表示されたら、PCを再起動する必要がある場合があります。

この壊れたサービスが原因で起動時にエラーが発生した場合は、同じ方法で再度有効にして、起動タイプの設定で「自動」を選択できます。

方法5:コマンドプロンプトコマンドを使用して、ログイン時にオンスクリーンキーボードを無効にします

コマンドプロンプトを使用して、オンスクリーンキーボードサービスを無効にするプロセスを高速化できます。

  1. [スタート]をクリックし、[検索の開始]ボックスにcmdと入力します。(管理者として実行できないため、runを使用しないでください。
  2. 検索結果リストで、[コマンドプロンプト]または[ CMD ]を右クリック し、[管理者として実行]をクリックします。
  3. コマンドプロンプトウィンドウで、次のコマンドを入力またはコピーして貼り付け、Enterキーを押します。

    scconfig「TabletInputService」start =無効

  4. 次に、このコマンドを入力またはコピーして貼り付け、Enterキーを押します。

    scstop「TabletInputService」

  5. これにより、すでに実行されていたサービスが停止します。
  6. サービスを再度有効にするには、次のコマンドを使用します。

    sc config“ TabletInputService” start = autosc start“ TabletInputService”

方法6:Windows10アプリが起動時にオンスクリーンキーボードを開くアプリを起動しないようにする

場合によっては、タッチスクリーンキーボードを必要とするWindowsアプリが、起動時にオンスクリーンキーボードを起動します。問題が解決しない場合は、次の手順を実行して問題を無効にする必要があります。

最近インストールしたアプリについて考えてみてください。アプリの1つが原因で、コンピューターにタッチスクリーンがあると思われたり、コンピューターの簡単操作機能が必要になったりした可能性があります。アンインストールし、コンピュータを再起動して、問題が解決するかどうかを確認します。

  1. 押しながらWindowsの/スタートキーを押しながら「R」を「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示します。
  2. appwiz.cpl」と入力し、「Enter」を押します。
  3. アンインストールするプログラムをダブルクリックします

また、あなたが開くことができるタスクマネージャを押して、Ctrlキー+ Shift + Escをキーボードの上に、およびに行くスタートアップ]タブをクリックします。試し無効にあなたはそれが問題を解決するかどうかを確認するために、ここでオンスクリーンキーボードを起動する疑いがある特定の起動タスクを。