Microsoft Wordでスモールキャップスを行う方法は?

スモールキャップスまたはスモールキャピタルは、基本的にMicrosoft Wordの小文字であり、大文字に似ています。これらはテキストを重要視するために使用されますが、すべて大文字のテキストほど支配的ではありません。ほとんどのユーザーは、さまざまな種類のドキュメントを作成するためにMicrosoftWordを使用しています。ユーザーがドキュメントでスモールキャップスを使用する必要がある場合があります。ただし、一部のユーザーはスモールキャップスのオプションを認識していないか覚えていません。この記事では、スモールキャップスオプションを見つけてテキストで使用する手順を示します。

MicrosoftWordでスモールキャップスを使用する

スモールキャップスまたはスモールキャピタルは、基本的に大文字に似た小文字です。スモールキャップスはMicrosoftWordのオプションであり、テキストの小文字を大文字に変更します。ユーザーは大文字を使用して最初の文字に大文字を追加できますが、残りの小文字は大文字にのみ似ています。フォントウィンドウで数回クリックするだけで、この機能のオンとオフを簡単に切り替えることができます。すでにこのスタイルになっているフォントはたくさんあります。さらに、すべての文字を大文字に保つAllCapsと呼ばれる別のオプションもあります。

  1. ショートカットをダブルクリックするか、Windowsサーチ機能で検索して、MicrosoftWordプログラムを開きます。
  2. [ファイル]タブをクリックし、[新規作成]を選択してドキュメントを作成するか、[開く]オプションを選択して既存のドキュメントを開きます。
  3. フォントウィンドウアイコンをクリックして、フォントウィンドウを開きます。選択小キャップのオプションをクリックし[OK]を下記のようにボタンを押します。
  4. これで、ドキュメント内のどこにでも大文字に似た小文字を入力できます。
  5. 既存のテキストと特定のテキストのみの場合は、マウスの左クリックでテキストを選択します。テキストを選択したら、同じテキストウィンドウに移動し、[スモールキャップス]オプションをオンにします。
  6.  [すべて大文字]オプションをオンに切り替えることもできます。これにより、ドキュメントのすべてのテキストが大文字になります。
タグマイクロソフトワード