共有メッセージの送信準備中にOutlookエラーを修正する方法

一部のMicrosoftOfficeユーザーは、アプリケーション内から招待状を送信してカレンダーを共有しようとすると、「共有メッセージの送信準備中にエラーが発生しました」というエラーが発生します。これは、新しく作成されたカレンダーであっても、ユーザーがカレンダーを共有しようとするたびに発生することが報告されています。このエラーは通常、Outlook 2007、Outlook 2010、およびOutlook2016で発生します。

注:影響を受けるユーザーは、受信者が電子メールでカレンダーの招待状を受信すると、Office365を介したカレンダーの共有が成功したと報告しています。

共有メッセージの送信準備中にエラーが発生する原因

問題を調査し、さまざまなユーザーレポートを調べて、症状を特定し、最も可能性の高い原因を特定しました。「共有メッセージの送信準備中のエラー」の問題の出現を促進する可能性のある潜在的な原因のリストを次に示します

  • Officeファイルの破損– Outlookとカレンダーアプリ間のブリッジの作成を担当する一部のOfficeファイルが破損し、プロセスの完了を妨げているため、エラーが発生する可能性があります。
  • インストールされたアドインが共有機能に干渉している– Outlook用の古いまたは実験的なアドインをインストールした場合、そのうちの1つがカレンダー共有機能をクラッシュさせている可能性があります。
  • カレンダーフォルダーのアクセス許可が破損している–これはWindows 10で非常に一般的な問題です。ほとんどの場合、PR_MEMBER_NAMEというエントリが重複していると見なされるために発生します。

この特定の問題を解決しようとしている場合、この記事では効果的なトラブルシューティング手順のコレクションを提供します。同様の状況にあるユーザーが問題を解決するのに役立つ一連の方法を紹介するので、続けてください。最良の結果を得るには、提示された順序でそれらに従ってください。さぁ、始めよう!

方法1:煩わしいアドインを調査して削除する

以前にインストールしたアドインの1つによって問題が作成されていないことを確認することから始めましょう。多くのユーザーが、インストールされているアドインを削除するとすぐに問題が修正されたと報告しています。

もちろん、仕事で多くのアドインを使用している場合、勘に基づいてそれぞれをアンインストールすることは理想的とは言えません。幸い、アドインが「共有メッセージの送信準備中にエラーエラーを引き起こしているかどうかを確認する方法があります。以下のガイドに従って、アドインの1つが問題の原因であるかどうかを確認し、問題の原因となっているアドインをアンインストールします。

  1. 押しのWindowsキー+ Rを実行]ダイアログボックスを開くため。次に、「outlook.exe / safe」と入力し、Enterキーを押して、MicrosoftOutlookをセーフモードで開きます。このコマンドは、Outlookをセーフモードで開きます。これにより、必要なコンポーネントのみでプログラムが起動します。アドインやその他の拡張機能の起動は許可されません。
  2. Outlookがセーフモードで開くまで待ち、プログラム内からカレンダーの招待状をもう一度送信してみます。今回の手順が成功した場合は、アドインの1つが問題の原因であることは明らかです。この場合、以下の手順に進みます。それ以外の場合は、方法2に直接ジャンプします。
  3. Outlookのセーフモードバージョンを閉じて、通常どおりアプリケーションを再度開きます。
  4. Microsoft Outlookで、(上部のリボンを使用して)に移動し、[ オプション]をクリックします 
  5. [ Outlookのオプション]メニューで、右ペインから[アドイン]をクリックします。次に、画面の下部に移動し、ドロップダウンメニューを使用してCOMアドインを選択し、[移動]ボタンをクリックします。

  6. 利用可能なすべてのアドインのチェックマークを削除することから始めます。次に、それぞれを1つずつ体系的に有効にし、カレンダーの招待状を送信しようとしているときに、どのアドインが原因であるかがわかるまで有効にします。
  7. 犯人を特定したら、[COMアドイン]ウィンドウから犯人を選択し、[削除]ボタンをクリックします。

  8. Outlookを再起動すると、問題は永続的に解決されます。

この方法が適用できない場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法2:Officeスイートを再インストールする

影響を受けた一部のユーザーは、Officeスイートを再インストールすることで問題を解決できました。ほとんどの場合、Microsoft Office修復ウィザードで問題を解決できなかった場合でも、この手順は成功したと報告されています。

Officeスイートの再インストールに関するクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rを開くためにファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを。次に、「appwiz.cpl」と入力し、Enterキーを押してプログラムと機能を開きます
  2. プログラムと機能ウィザード内で、アプリケーションリストを下にスクロールして、MicrosoftOfficeエントリを見つけます。
  3. それを右クリックして[アンインストール]をクリックし、画面の指示に従ってシステムからアプリケーションスイートをアンインストールします。
  4. Officeインストールメディアを挿入し(またはインストール実行可能ファイルを開き)、MicrosoftOutlookとともにスイート全体を再インストールします。
  5. マシンを再起動し、次回の起動時に問題が解決するかどうかを確認します。

この方法で特定のシナリオでエラーを解決できなかった場合は、以下の次の方法に進んでください。

方法3:[カレンダーの許可]ボタンを使用する

影響を受けた一部のユーザーは、[カレンダーのアクセス許可]ボタンを使用してアクセス許可を直接付与することで回避策を見つけることができたと報告しました。ただし、このソリューションは単なる回避策であり、[カレンダー共有]ボタンの機能は修正されないことに注意してください。

[カレンダーの許可]ボタンは、[ カレンダー共有]ボタンのすぐ近くにあります。この回避策を利用するには、[カレンダーのアクセス許可]をクリックし、次のメニューを使用して、他のユーザーに外部のアクセス許可を付与します。

次に、次のメニューから[追加]クリックして、他のユーザーにカレンダーのアクセス許可を付与できます。[カレンダー共有]ボタンを使用する場合と同じように、招待状をメールで受け取る必要があります。

方法4:Windows CredentialManagerを介して保存されたすべてのOutlookログインを削除する

数人のユーザーが、Windows資格情報マネージャーを使用してOutlookとExchangeに保存されているすべてのログインを削除した後、問題が修正されたと報告しています。これは、ユーザーがOutlookに資格情報を再挿入した後、[カレンダーの共有]ボタンの機能を復元することに成功したと報告されています。

Windows CredentialManagerを使用してOutlookとExchangeに保存されているすべてのログインを削除するためのクイックガイドは次のとおりです。

  1. 押してWindowsキー+ Rは、ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを開きます。次に、「control / name Microsoft.CredentialManager」と入力または貼り付けて、Credential ManagerWindows  アプリケーションを開きます。
  2. 以下の下で資格情報を管理し、をクリックしてWindows資格情報
  3. [一般的な資格情報]まで下にスクロールして、Office、Outlook、またはExchangeに言及しているすべてのエントリを削除します。あなたは、各エントリに関連付けられたドロップダウンメニューを展開し、選択することによって行うことができます削除を
  4. 関連するすべてのエントリが削除されたら、Credential Managerを閉じて、マシンを再起動します。
  5. 次回の起動時に、Outlookを開き、ログイン資格情報を再挿入します。再度ログインすると、問題なくカレンダーを共有できるはずです。